2017年7月11日 (火)

皮のコードパイピングをリペア

革のコードパイピングが擦れてダメになった部分を

簡単にリペアする方法はないか、お直し屋さんに聞いたところ

簡易で直す場合は、

パテで埋めて色を塗ると教えて貰ったので、

チャレンジしてみました。

Emptyname_7 革靴の傷を埋めるパテ「アドベース」と着色用に「アドカラー」を使いました。

Emptyname_1 パイピングに穴があくと、コードが余って出てきます。押し戻せない場合は余りを切ってしまいます。

Emptyname_2 瞬間接着剤で止めて、パイピングに収めます。

Emptyname_3 穴の周りを埋めるようにアドベースを塗って10分、乾いたらサンドペーパー#400で平にします。

Emptyname_4_3 アドカラーを絵の具のように調色して、パイピングに塗っていきます。

Emptyname_5_2

Emptynam321e

ベースを塗りすぎて分厚くなってしまいましたが

初めてでも、遠くから見れば気にならないくらいのリペアが簡単にできました。

アドベースはあまり硬化しないので、

完全に乾く前に指でこすると、消しカスのようにポロポロになってしまいます。

アドカラーを塗って完全に乾くとゴムのような質感になりました。

安く簡単にできるので、

簡易で直す場合はおすすめです。

2017年7月 5日 (水)

トロワさんで撮影

先日、森林公園の近くにあるトロワさんで撮影をしました。

素敵なアンティークに囲まれたカフェで、

アンティーク雑貨の販売やワークショップもしています。

撮影中は小物のレンタルや、家具の移動など

無茶な要望にも、対応してくださり、

とても優しいオーナーさんに感激しました。

ひさしぶりに新鮮で楽しい撮影でした。

ありがとうございました。

好きなものに囲まれている環境で、羨ましかったです。

Img_8641_2

Emptyname_7_2

Emptyname_12

Img_8634

Emptyname_9

Img_8638

Img_8637

6ba4498ba75e4a1f80fba77a234fe3cd

2017年6月27日 (火)

ハンドクラフトフェアお疲れ様でした。

第29回 ハンドクラフトフェア in NAGOYA

無事に終わりました。スタッフの皆様お疲れ様でした。

体験講習会は、今年もたくさんのお客様が来てくれました。

キディ時代のファンの方も、親子で来てくれたり、

東海地方の皆様にお会いできて、とても嬉しかったです。

お手伝いに来てくださった、先生、スタッフの皆様も本当にありがとうございました。


アトリエではロックミシンのソーイングテキストが終わり、

次の本にとりかかっています。

初めてのジャンルの本を、初めてのスタッフと作っているので

お休みが全くとれない程、大変ですが、楽しいです。

良い本になると思います。

Img_5027_3

Img_5040


Img_5084

Img_5192

Img_5172

Img_5224

2017年6月19日 (月)

第29回 ハンドクラフトフェアin NAGOYA

今年もハンドクラフトフェアin NAGOYAに行きます。

当日はクラフトハートトーカイのブースにいるので、ぜひ遊びに来てください。

ブースでは体験講習会もやっています。

今回は「プルオーバーレース付き」と「フードベスト」2作品を作る事ができます。

皆様のお越しをお待ちしております。

「クラフトハートトーカイ」
ブースNo. B-12 レッスンコーナーA

入場無料
会場:名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール
2017年 6月23(金)・24(土) AM10:00~PM5:00

クライ・ムキ トークショー
2017年 6月23(金)
午後13:30~



 

2017image_3

体験講習1 「プルオーバーレース付き」
講習費:2,000円(税込)
講習時間:1時間

袖にレースをあしらったプルオーバーです。
ワイドパンツやデニムとのコーディネートの相性もピッタリです。
色は数種類から選べます。


 

3

体験講習2 「フードベスト」
講習費:1,500円(税込)
講習時間:1時間

Tシャツやシャツの上からさらっと羽織れる
流行のロング丈のベストです。
色は数種類から選べます。

2017年6月16日 (金)

トーカイのねこポーチ

今、TwitterやInstagramでも話題の

トーカイの「ねこポーチ」をクライ・ムキも作ってみました。

型紙がなんと54円で売っているんです。

プリントできる布に飼っていた猫を印刷して作りました。

興味のある方は、ぜひ「ねこポーチ」作ってみてください。

Dsc_5862a24

Dsc_5866a24

Dsc_5868a22

Img_8207

2017年6月 6日 (火)

「ロックミシンのソーイングテキスト」本日発売です

新刊本の「ロックミシンのソーイングテキスト」本日発売です。

この1冊でロックミシンを最大限使いこなせる本を

コンセプトに作った「ロックミシンの教科書」が

残念ながら絶版となってしまったので、

教科書の時にはなかったミシンと

情報を入れて、新しい本を作りました。


「ロックミシンの教科書」から5年ぶりに出る教科書本です。

今回もオールカラー写真解説で、とても豪華な本になりました。

本を作る度に、新しい発見があって面白いです。


今回は手動糸調子ロックミシンだけではなく、

自動糸調子ロックミシンから、フラッグシップの縫希星まで

ベビーロックのロックミシンを網羅しています。

ロックミシンをお持ちの方は、ぜひご覧になってください。

20170518_8d8ee8

20170605_6f85bc

20170605_68b522

Test

2017年5月11日 (木)

コットンフレンド「やみつき洋裁道具」

コットンフレンドの2017年夏号が発売されました。

今回の「やみつき洋裁道具」は糸「ミロマルチ」の紹介です。

クライ・ムキが18年愛用しています。

今でもクライ・ムキが作る作品には欠かせない糸です。

Blog1_2

Blog2_3

2017年5月 1日 (月)

第41回ホビーショー

第41回ホビーショーお疲れ様でした。

今年もトーカイさんのブースで

クライ・ムキ式ソーイングスクールの体験講習会を開催しました。

毎日100人以上の体験があって、今年も大盛況でした。

お手伝いしてくださった先生、ありがとうございました。

クライ・ムキ式ソーイングスクールのコンテスト応募作品

点数も増えたので選ぶのが大変でした。

来年も楽しみにしています。

Dsc_1347

Dsc_1356

Dsc_1373

Dsc_1379

Img_4363韓国のツアーからの人と記念撮影

Img_4367KMスクールの先生達

Img_4371全身手づくりで、自分で紡いで織った生地でメンズシャツカタログのシャツを作ったそうです。ありがとうございます。お役に立てて嬉しいです。

Img_4373 Mileさんと

2017年4月18日 (火)

第41回日本ホビーショーのお知らせ

第41回 2017 日本ホビーショー
THE 41st JAPAN HOBBY SHOW 2017
2017年4月27(木)28(金)29(土)
10:00~18:00(29日のみ17:00)

東京ビッグサイトで行われる日本ホビーショーで

藤久㈱のブース(NO.F-02)にて
クライ・ムキ式ソーイングスクール展示 &体験講習会が実施されます。


▼体験講習会
 ラッパスリーブプルオーバー  講習料:2,000円(税込)

袖口の広がったプルオーバーは、今季流行している「もり袖」デザイン。
レース付きバージョンも数量限定でご用意しています
。(レース付きタイプ講習料:2500円)
使用する生地は、独特な凹凸感のある畝(うね)が特徴のピケニット7色の中からお選びいただけます。

Photo


▼体験講習会
 フードベスト  講習料:1
,500円(税込)
Tシャツやシャツの上からサラッと羽織れるベストをお作りいただけます。
縦ラインを強調するロング丈ですっきりシルエットを実現。
フード付きですので、カジュアルに普段使いで着回していただけます。
使用する生地は、独特な凹凸感のある畝(うね)が特徴のピケニット3色の中からお選びいただけます。

3※講習時間は約1時間かかります
ソーイング初心者の方にも講師スタッフが丁寧にお教えしますので、お気軽にご参加ください。


▼クライ・ムキ式ソーイングスクール作品コンテストを実施!!
選りすぐった10作品を展示!


日本ホビーショーのHPはこちらから
会場:東京国際展示場(東京ビッグサイト)
東展示棟 東1・2・3・4ホール
〒135-0063 東京都江東区有明3-21-1

黒猫と少女たち

お友達の漫画家で猫仲間の柴田あや子さんの個展に行って来ました。
今にも動き出しそうな生き生きとした猫たちと繊細なタッチに感動しました。
27日まで玉川学園前駅のギャラリーウエアミーでご覧になれますので
お近くの方は是非行ってみて下さい。

少女漫画から抜け出した絵
柴田あや子展
「黒猫と少女たち」
2017年4月14日㈮~27日㈭ 20日㈭休み
12:00~18:00 土曜13:00~19:00

ギャラリーウエアミー
東京都町田市玉川学園2-7-6 モンドビル2F

Img_1952

Img_1954

Img_1957