« 2017年12月 | メイン | 2018年2月 »

2018年1月の5件の記事

2018年1月24日 (水)

リバーシブルのコートお直し

リバーシブルのコートをお直ししました。
ベンツ部分が布地から裂けているため、残った縫い目をほどいて
ボロボロの布地を修復するところからスタートです。

リバーシブル地は2枚の生地を縫い合わせて1枚にしています。
縫製の時は縫い代を2枚に剥がしてから
ミシンと手まつりで 裏表同じに見える縫製にします。

1 マスキングテープで印をつけてから
2枚に剥ぐ場所に目立つ糸でしつけミシンをします。
しつけミシンをかけた位置まで、貼り合わせた布地を剥いでいきます。

ボロボロになった布端は接着芯を貼って修復しました。
包む時に余った布端は切り取って、もとの縫い目と同じ厚さにします。

2枚に剥ぎすぎて浮いていしまったら、ボタンホール芯を切って貼ると綺麗になります。
3枚の布地に本縫いをして、しつけミシンの糸をとったら、最後の1枚をまつって終わりです。
思ったよりも綺麗に修復できてよかったです。

R0112484

R0112486

R0112485

R0112488

R0112490

2018年1月23日 (火)

DOLL OUTFIT STYLE

この度、日本文芸社より

DOLL OUTFIT STYLE (うっとりするほどかわいいドール服のレシピ)」が発売になりました。

今回はクライ・ムキを含む、
年代の違う4人のユニット「F4*gi」(ふしぎ)で
新しいジャンルにチャレンジしました。
1年がかりで、やっとできた本なので、ぜひご覧ください。

女子の手づくりの原点は、お人形遊びです。
いつまでも変わらない少女心で、大人でも楽しめる手作りを
発信できると思っています。

20171121_43ba72_2

2018年1月18日 (木)

同じコート

クライムキソーイングスクールの恒例企画会議のスタッフが全員同じコートを着ていたので、思わずパシャり
CT-334ノーカラーVネックコートです
裏付きのコートの裏をレースにしていたり、ダウンを使ったり、流石です
裏を見せられないのが残念

2018年1月10日 (水)

ボタンホールにおすすめのテクニック

最近アトリエで使っている、ボタンホールのテクニックです。

ボタンホールをする時は、マスキングテープに印を書いて

布地に貼ってから、ボタンホールをしています。

チャコで書いても印がわかりにくい布地や、ボタンの数が多い時におすすめです。

終わったらテープをはがすだけなので、布地も汚れずキレイです。

2018年1月 5日 (金)

あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願い致します。

年末にやっとマニア、シニアにオススメの職業用ミシンが届きました。

新しいミシンだと気持ちがすごくアップします。

いろんな新しいミシンに囲まれると幸せです。

アタッチメントを使ったお教室を充実させる、すごい武器になります。

ライトと糸切り付きの大型フットコントローラーが使いやすくなっています。

これで人形服もバッグもバッチリお教えできます。

ぜひ使いに、いらしてください。

もちろん、クライ・ムキのアトリエでお買い求めできます。

1