カテゴリ「ソーインググッズ」の35件の記事 Feed

2017年5月11日 (木)

コットンフレンド「やみつき洋裁道具」

コットンフレンドの2017年夏号が発売されました。

今回の「やみつき洋裁道具」は糸「ミロマルチ」の紹介です。

クライ・ムキが18年愛用しています。

今でもクライ・ムキが作る作品には欠かせない糸です。

Blog1_2

Blog2_3

2017年3月17日 (金)

マイネームハサミが作れます

アトリエで大活躍「iD Choki」

最近、うちのお教室では左利きの生徒さんが多いので、

左利きの刃先に変更して使っています。

カラー変更や名入れでオリジナルのハサミを作れるだけじゃなくて

刃先も変えられるので、こだわりのオリジナルハサミにしたい人におすすめです。

スタッフは全員ネーム入りで使っています。

2016年11月 9日 (水)

あの人のソーイングボックスが見てみたい

ブティック社のコットンフレンド冬号

「あの人のソーイングボックスが見てみたい!」

という企画でクライ・ムキのアトリエが紹介されました。

 ソーイングボックスを見せてくださいと言われたのですが、

普段、洋裁道具箱に道具を詰め込んだりはしていないので、

アトリエにある道具の一部を紹介しました。

来年からは1つずつの道具を詳しく紹介できるよう連載する予定です。

楽しみにしていてください。

Photo_2

2016年6月 1日 (水)

マイネームハサミができました!

最近アトリエでも自宅でも

アルスコーポレーションの「クラフトはさみ」を愛用しています。

このはさみ、紙でも糸でも布でも、なんでもよく切れるのに

軽くてコンパクトなのが手軽に使えて便利、ミシンの友にはこれです。

先日この「クラフトはさみ」の

色を選んで名前が入れた、オーダーのはさみを作ってもらいました!

「iD Choki」 という商品で

20色のカラーバリエーション、7つの刃先、6つの書体でWEBから注文できます。

色が違うだけで、お教室でも誰のはさみか見分けがつくので安心です。

トリコロール、パステル、モノトーン、ツートンと早速スタッフも名前入りで作りました!

ギフト包装もあるのでプレゼントにもおすすめです。

Sdim0790

Sdim0794

Sdim0803

Sdim08062

Sdim08063_2

2015年7月21日 (火)

プロ用あて布

ずっと使っていて便利だったあて布が、やっと手に入りました。

愛用していたものが消耗してしまったので探していました。

アタリやテカリの出やすい布地にアイロンをする時に使う道具です。

ほとんどの布地に安心してアイロンをかけられるので、どんな時でも使えます。

あて布越しでもスチームを通すのでしっかりとアイロン効きます。

メッシュが細かく、表面が滑らかで、適度なハリがあってとても使いやすいです。

通常の物よりもかなり高価ですが、おすすめです。

R0020877_3

Dsc_0217

Dsc_0213_2

Dsc_0214_2

2015年6月 9日 (火)

メンズシャツ完成しました。

製作中だったメンズシャツが完成しました。

SUISEIのアタッチメントを使うと

綺麗に簡単に一定幅が縫えるので感動します。

スプリングガイド付き押さえ

0.15mm,6mm,7mm,11mmの押さえを全ての工程で使用しました。

今回のシャツの型紙は今後販売する予定です。

Dsc_92953

Dsc_92983

Dsc_93052

Dsc_93072

Dsc_93092

2015年5月11日 (月)

家庭用ミシンで徳用ミシン糸を使う方法

お問い合せが多いのでアトリエで使用している方法を公開します。

転ばないようにコップに入れて、ミシンの後ろに置き

ソーイングクリップの穴を糸案内にしています。

ぜひお試しください。

R0020496

R0020499

2012年10月 1日 (月)

家庭用ミシン針

今までニット用のミシン針に色がついているのは探せなかったのですが

クロバーさんのは普通針、ニット用とも針の頭が違う色で分類してあるので

使っているときに間違わず、こだわった針使いがしやすくなりました。

ケースに記載もあり、収納にもわかりやすく便利

お教室で針の整理がとても楽になりました。

ネットショップでも取り扱っています。

DSC_8047左が今までのミシン針、右がクロバーのミシン針

DSC_8042ケースに仕様がしっかり記載されています。

DSC_8064前使っていたニット用ミシン針は針に色がついていませんでした。

DSC_8158ニット用だけではなく、通常のミシン針も色つきケースになっています。

 

2012年9月24日 (月)

型紙写しの裏ワザ

最近のお教室で大活躍

線の重なった本の付録の型紙を写す時

写したい線をフリクションの蛍光ペンでなぞります。

DSC_7948

その上に紙を置いて、型紙を写します。

写し終わったら、型紙にアイロンをかけると

DSC_7949

なぞった線がすっかり消えます。

いろいろな人が型紙を使うので、お教室ではとても便利です。

DSC_7951
もちろん布の印付けにも使えます。

2012年7月31日 (火)

ミロで巻きロック

 ミロはウーリー糸とロック糸が同色選べるので生地とぴったりで贅沢にできます。

上がエスパンディニットをミロで平巻きロック

下が上ルーパー糸にウーリー糸を使って全巻きロック

 ふりふりさせたい時はウーリー糸を使ったほうが綺麗です。

DSC_5244

DSC_5233平巻きロック

DSC_5229全巻きロック

DSC_5246