« 2018年8月 | メイン | 2018年10月 »

2018年9月の3件の記事

2018年9月28日 (金)

ロータリーカッターの比較

クライ・ムキのお教室で使っているロータリーカッターの比較をしてみました。

左から「KAI安全ロータリーカッター」「クロバーロータリーカッター」「オルファロータリーカッター

ロータリーカッターは、カッティングボードの上で布地や型紙をカットする時に使う

円形の刃がついたカッターです。

クライ・ムキでは、お教室で色々な生徒さんが使う事が多いので

押した時だけ刃がでる、安全ロータリーカッターを使う事が多いです。

比較は45mmタイプの刃を使っています。

Dsc_3715


刃先の見えやすさ

赤丸で囲んだネジの薄さで、刃先の見え方が変わってきます。

3つを比較すると、刃先の接地している部分が、角度によってネジに隠れているのがわかります。

クライ・ムキが安全ロータリーカッターを気に入っているポイントです。

Dsc_3700

Photo_5

カッターから出てくる刃の大きさ

刃の出る量もそれぞれ違います。

安全ロータリーカッターよりも、クロバーやオルファの方がたくさんの刃が出るので

より厚い布地をカットする事ができます。

出しっぱなしになっている刃の面積が大きいので、手を傷つけやすい気がします。

Dsc_3727

グリップの形状

安全ロータリーカッターは細くて軽い作りをしています。

クロバーは肉厚で滑り止めラバーがついているので力を入れやすい形状です。

オルファは適度な厚みがあり、持ちやすいです。

Photo_2

刃の出し方

オルファとクロバーはスライドさせて刃が出っぱなしになります。

KAI安全ロータリーカッターは押し込んだ時だけ刃が出るので、

刃が常に保護されています。

オルファとKAIは中心から左右対称にを刃を出しますが、

クロバーは右利きか左利きどちらかに設定すると、その方向にしか刃がでません。

お教室のように、左利きや右利きの人が複数で使う場合は、不便です。

Dsc_3729_2

クライ・ムキお教室での使い分け

型紙や普通地の裁断で使う場合KAIの安全ロータリーカッター

何枚も重ねた布地や極厚の布地を裁断する場合は、

一番力が入るクロバーのロータリーカッター

といった感じで、カットするものにより、使い分けています。


YouTube: 安全ロータリーカッター刃の交換方法(Rotary cutter)

2018年9月13日 (木)

忘れがちな注油ポイント

職業用ミシンで、生徒さんがつい忘れてしまう注油ポイントを説明します。

特に釜の注油は、わかりにくい場所なので忘れやすいようです。

赤い丸の部分に油を1滴注油しましょう。

・毎日使っている場合は1日1回1滴注油

・2ヶ月ぶりに使う場合は5滴注油

・注油過多になると、垂れてきて布を汚すので注意

 

★ベビーロック、JANOMEの職業用ミシンの場合

Dsc_3369

Dsc_3367
上側に2箇所


Dsc_3385
よく見ると丸いフェルトがあります。


Dsc_3376
 ↓ はずみ車を少しだけ回します

Dsc_3378
尖った部分の根本に少しだけ注油します。



★JUKI職業用ミシンの場合

Dsc_3401

Dsc_3392
上側に4箇所

Dsc_3418
下側に2箇所

Dsc_3415
少しだけはずみ車を回すと釜の尖った部分がでてくるので、
同じ用に少しだけ注油します。



注油後は試し縫いをして油をなじませてください。

どのミシンも基本的に、はずみ車を回して駆動した部分注油をするイメージです。

2018年9月 7日 (金)

バルーンドレスの作り方動画


YouTube: "DOLL OUTFIT STYLE" バルーンドレスの作り方 How to make balloon dress*DIY



DOLL OUTFIT STYLE」のバルーンドレスMサイズ22cmを作りました。

本に掲載されている作品は、シャンタン生地ですが

動画の作品はスカートをオーガンジーにし、中にお花を入れています。

布地を変えると雰囲気が変わるので、色々アレンジしてみてください。

Doll_outfit_style_4

Licca_3

Cr