カテゴリ「ソーインググッズ」の39件の記事 Feed

2018年9月28日 (金)

ロータリーカッターの比較

クライ・ムキのお教室で使っているロータリーカッターの比較をしてみました。

左から「KAI安全ロータリーカッター」「クロバーロータリーカッター」「オルファロータリーカッター

ロータリーカッターは、カッティングボードの上で布地や型紙をカットする時に使う

円形の刃がついたカッターです。

クライ・ムキでは、お教室で色々な生徒さんが使う事が多いので

押した時だけ刃がでる、安全ロータリーカッターを使う事が多いです。

比較は45mmタイプの刃を使っています。

Dsc_3715


刃先の見えやすさ

赤丸で囲んだネジの薄さで、刃先の見え方が変わってきます。

3つを比較すると、刃先の接地している部分が、角度によってネジに隠れているのがわかります。

クライ・ムキが安全ロータリーカッターを気に入っているポイントです。

Dsc_3700

Photo_5

カッターから出てくる刃の大きさ

刃の出る量もそれぞれ違います。

安全ロータリーカッターよりも、クロバーやオルファの方がたくさんの刃が出るので

より厚い布地をカットする事ができます。

出しっぱなしになっている刃の面積が大きいので、手を傷つけやすい気がします。

Dsc_3727

グリップの形状

安全ロータリーカッターは細くて軽い作りをしています。

クロバーは肉厚で滑り止めラバーがついているので力を入れやすい形状です。

オルファは適度な厚みがあり、持ちやすいです。

Photo_2

刃の出し方

オルファとクロバーはスライドさせて刃が出っぱなしになります。

KAI安全ロータリーカッターは押し込んだ時だけ刃が出るので、

刃が常に保護されています。

オルファとKAIは中心から左右対称にを刃を出しますが、

クロバーは右利きか左利きどちらかに設定すると、その方向にしか刃がでません。

お教室のように、左利きや右利きの人が複数で使う場合は、不便です。

Dsc_3729_2

クライ・ムキお教室での使い分け

型紙や普通地の裁断で使う場合KAIの安全ロータリーカッター

何枚も重ねた布地や極厚の布地を裁断する場合は、

一番力が入るクロバーのロータリーカッター

といった感じで、カットするものにより、使い分けています。


YouTube: 安全ロータリーカッター刃の交換方法(Rotary cutter)

2018年6月28日 (木)

ミシン針の話

最近クライ・ムキのお教室では平針のHL針仕様のミシンを使うようにしています。
丸針のDB針は左右の向きを間違えると縫えなかったり、初心者には針交換が難しくトラブルの元なので、
初心者が使う職業用ミシンはHL針仕様が良いと思っています。
平針の場合は、必ず同じ位置に穴がくるので、職業用ミシンでも自動糸通し器がついています。
丸針と違って針の色分けもされています。
(DB針仕様のミシンにはHL針は付けれません)

Hari1 左側:HL針  右側:DB針

HL針は平針ですがDB針と同じ構造をしている、とても強い針です。
曲がらないで折れる事が多いため、メーカーでは
あまりオススメしていないそうですが・・・

Dsc_1254左側:平針   右側:丸針

平針:家庭用ミシンに使用する針、面を取っているので必ず決まった位置に針穴が来る。
HA・HL仕様のミシンに取り付けられます。
※DB針仕様の職業用ミシンにはつけられません。

丸針:工業用ミシンに使われる針、自分で針の角度を調節してセットしないといけない。
DB仕様のミシンに取り付けられます。
※HA仕様の家庭用ミシンにはつけられません。

Dsc_1256
丸針は正面から見て、右側にえぐれている部分が来るようにセットします。
逆につけてしまうと、縫う事ができません。

・HA針とHL針の違い

HA針とHL針は構造が若干違います。
HL針は工業用のDB針と同じ針幹2段加工をしてあります。

1529998867452

Hari3_2

肉眼ではわかりませんが、よく見ると少しだけ太さが変わっています。
構造とコーティングの違いで、家庭用のHA針より強度を増しているため
高速で動く直線ミシンにも耐えられるそうです。

・HL針の色分け

HL針は針の太さによって、色分けしてあります。

20180323_134a63 #9がオレンジ#11が紫、♯14が茶色、♯16が黄緑色

DB針も色分けされているとわかりやすいのですが・・・
お教室では複数の人が使うので、何の針がささっているか、一目でわかるのが便利です。

・ミシン針の比較

特殊針は抜きで比較した場合

HA×1:安価・太さ7〜23番まで・ニッケルメッキ防錆のみ
HL×5:高価・太さ9〜20番まで・二段構造・クロームメッキ強度UP・色分け
DB×1:安価・太さ7〜25番まで・二段構造・クロームメッキ強度UP

2018年1月 5日 (金)

あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願い致します。

年末にやっとマニア、シニアにオススメの職業用ミシンが届きました。

新しいミシンだと気持ちがすごくアップします。

いろんな新しいミシンに囲まれると幸せです。

アタッチメントを使ったお教室を充実させる、すごい武器になります。

ライトと糸切り付きの大型フットコントローラーが使いやすくなっています。

これで人形服もバッグもバッチリお教えできます。

ぜひ使いに、いらしてください。

もちろん、クライ・ムキのアトリエでお買い求めできます。

1

2017年12月 1日 (金)

リメイク

きつかったので、両脇にニット地を足してみました。

裏地をテトニットに取り替えたので、静電気も起きなくて快適です。

Dsc_3871

Dsc_3878

2017年5月11日 (木)

コットンフレンド「やみつき洋裁道具」

コットンフレンド2017年夏号が発売されました。

今回の「やみつき洋裁道具」は糸「ミロマルチ」の紹介です。

クライ・ムキが18年愛用しています。

今でもクライ・ムキが作る作品には欠かせない糸です。

Blog1_2

Blog2_3

2017年3月17日 (金)

マイネームハサミが作れます

アトリエで大活躍「iD Choki」

最近、うちのお教室では左利きの生徒さんが多いので、

左利きの刃先に変更して使っています。

カラー変更や名入れでオリジナルのハサミを作れるだけじゃなくて

刃先も変えられるので、こだわりのオリジナルハサミにしたい人におすすめです。

スタッフは全員ネーム入りで使っています。

2016年11月 9日 (水)

あの人のソーイングボックスが見てみたい

ブティック社のコットンフレンド冬号

「あの人のソーイングボックスが見てみたい!」

という企画でクライ・ムキのアトリエが紹介されました。

 ソーイングボックスを見せてくださいと言われたのですが、

普段、洋裁道具箱に道具を詰め込んだりはしていないので、

アトリエにある道具の一部を紹介しました。

来年からは1つずつの道具を詳しく紹介できるよう連載する予定です。

楽しみにしていてください。

Photo_2

2016年6月 1日 (水)

マイネームハサミができました!

最近アトリエでも自宅でも

アルスコーポレーションの「クラフトはさみ」を愛用しています。

このはさみ、紙でも糸でも布でも、なんでもよく切れるのに

軽くてコンパクトなのが手軽に使えて便利、ミシンの友にはこれです。

先日この「クラフトはさみ」の

色を選んで名前が入れた、オーダーのはさみを作ってもらいました!

「iD Choki」 という商品で

20色のカラーバリエーション、7つの刃先、6つの書体でWEBから注文できます。

色が違うだけで、お教室でも誰のはさみか見分けがつくので安心です。

トリコロール、パステル、モノトーン、ツートンと早速スタッフも名前入りで作りました!

ギフト包装もあるのでプレゼントにもおすすめです。

Sdim0790

Sdim0794

Sdim0803

Sdim08062

Sdim08063_2

2015年7月21日 (火)

プロ用あて布

ずっと使っていて便利だったあて布が、やっと手に入りました。

愛用していたものが消耗してしまったので探していました。

アタリやテカリの出やすい布地にアイロンをする時に使う道具です。

ほとんどの布地に安心してアイロンをかけられるので、どんな時でも使えます。

あて布越しでもスチームを通すのでしっかりとアイロン効きます。

メッシュが細かく、表面が滑らかで、適度なハリがあってとても使いやすいです。

通常の物よりもかなり高価ですが、おすすめです。

R0020877_3

Dsc_0217

Dsc_0213_2

Dsc_0214_2

2015年6月 9日 (火)

メンズシャツ完成しました。

製作中だったメンズシャツが完成しました。

SUISEIのアタッチメントを使うと

綺麗に簡単に一定幅が縫えるので感動します。

スプリングガイド付き押さえ

0.15mm,6mm,7mm,11mmの押さえを全ての工程で使用しました。

今回のシャツの型紙は今後販売する予定です。

Dsc_92953

Dsc_92983

Dsc_93052

Dsc_93072

Dsc_93092